BLOG

ブログ

マーケティング内製化の実施フローと顧客事例

  • 更新日 : 2022-08-23

  • 公開日 : 2022-08-23

代表取締役
今村 邦之

マーケティング業務は、事業の拡大と共に指数関数的に増加していきます。実施する施策の種類が増えるという理由と、各施策内でもパターンが増えるためです。

例えば入塾者を集めたい塾のマーケティング会社を例にしましょう。

最初は、本校の定期入塾者を集めるべく、商圏5kmにチラシを配布しました。
一定の見込み客を獲得したため、追加でWeb広告を配信します。

塾事業が成功したため、支店を設けます。支店を設けるごとに、支店ごとに上記販促を実施しなければならないし、各施策ごとの技術的アップデートにも追われます。

このように業務が増える中で多くの会社は、マーケティング会社に業務を委託します。
外注する事により、本社職員はメインである「塾業(生徒への指導)」に専念できます。
一方、外注依存が高すぎると、コスト増の問題や、スピーディーなマーケティング対応は出来ないというデメリットがあります。

私の持論としては、「初速はプロに。軌道にのったら出来るものから内製化」という方針が良いです。
経営初期において、専門性が高いマーケティング業務は軌道に乗せるまではプロ(外注)に頼ります。しかし、全て外注し続けるのは、経営方針の立体さが欠けてしまい、経営中期ではスピードが劣化するためです。

内製化実施フローは具体的には下記となります。
①構造説明および業務フローの明示
②注意点の列挙
③計測体制の導入
④オンボーディング

本記事では、内製化を実施する際のフローを事例を元に説明します。

1.構造説明および業務フローの明示

今回は「アフィリエイト業務の内製化」を例にいたします。アフィリエイトとは「ランキングサイトの掲載を主とし、申込みを獲得する」ものです。
下記スライドが仕組み、業務フローとなります。

アフィリエイト広告の仕組み
アフィリエイト施策の実施内容①
アフィリエイト施策の実施内容②
アフィリエイト施策の実施内容③
アフィリエイト施策の実施内容④

上記のように、全体構造を説明したのちに、各業務フローを明示します。

2.注意点の列挙

アフィリエイト広告では、業者との[交渉]が日々発生します。
[安く集客したい発注元] VS [高く送客したいアフィリエイト事業者] の意図があるためです。
交渉が重要なアフィリエイト運用について、重要なスタンスおよび交渉順序を書面にまとめます。
無茶な交渉をしてアフィリエイト事業主から、掲載不可の烙印を押されるわけでもなく、高値でぼったくられるわけでもないラインを丁寧に交渉していく必要があります。

実際の資料の一部を添付致します。

アフィリエイトサイトへの問合せ文章の一部

文字で少々見づらいですが、ノウハウをWordでまとめて、確実にノウハウを届けます。

またテクニックについての詳細は当社執行役員の田開が記載している下記記事をご覧ください。

4.計測体制の導入

次は計測体制の管理シートを納品いたします。
今月は、「どのWebサイトに」「どの条件で(承認率保証などこの業界独自の条件が複数存在する)」「いくらで」「何名」送客してもらったかを管理するシートです。

下記が計測資料イメージとなります。

管理資料のイメージ

4.オンボーディング

1~3の一連の業務を説明したのちに、平均的に3ヶ月はオンボーディング支援を行います。
具体的には、些細な質問に対してのチャットの回答、隔週での定例MTGです。
アフィリエイトの事例ですと、特に難しいのは「アフィリエイト事業主との交渉」となるため、ここは立会い・同席を行います。

また、月次の成果が集計され、来月の方針を意思決定するミーティングを実施します。
その際に、ティーチング・コーチング要素をそれぞれ取り入れて、マーケターとして意思決定できるように伴走することが重要です。

5.まとめ

内製化の実施フローについてイメージ湧きましたでしょうか。

構造を説明し、手順を記載し、注意点を列挙し、計測体制を組込み、意思決定慣れするオンボーディングを実施する。

当社ではこちらを私がCMOを務める会社に実施し、事業部の年商を200%以上に引き上げることができました。

今回はアフィリエイト広告を参考に記載しましたが、SEO記事作成・Google広告・Facebook・YouTube・Twitter全て一緒です。

そして個々の業務の引渡しを繰り返すことにより、段々施策ごとの横の繋がりも見えて、マーケターとして成熟します。
全て外注任せにせず、是非一つでもトライしてみてください。

今回の内製化実施フローの詳細は全て無料でお渡しいたしますので、「デジタルマーケティングのあの業務を内製化したい」と思われた方は、ご相談お待ちしております。