BLOG

ブログ

【整骨院特化】もう集客に困らない!集客数を増やすためのWebマーケティング施策3選

2022-04-02


竹間 恒佑

整骨院経営をしている皆さん、こんな要望や悩みはないでしょうか。
・安定して集客できるようになりたい
・HPを作ったは良いものの、新規の客が増えない
・Webでの集客を試したいが何から始めたらいいか分からない
そんなお悩みを解決するために、整骨院が患者を集客するための有効なWebマーケティング施策を紹介します。

整骨院がWeb集客を取り入れた方がいい理由

そもそも、何故整骨院がWebでの集客を取り入れた方がいいのでしょうか。
理由は大きく分けて2つあります。
① 整骨院の経営は競争が激しくなってきていること
② コロナによりリアルな集客だけでは難しくなってきていること

1.1.整骨院の競争は激化

ここ4-5年での整骨院の競争は非常に激しくなっています。
まず、整骨院の数はコンビニよりも多く、52,000軒近く存在します。
マッサージ店なども含めると、130,000軒近くになります。
この数字から見てもわかる通り、整骨院の競争は激化しており、患者を集客するのが非常に難しくなってきています。
その結果は、倒産件数としても数字として現れています。
東京商工リサーチの調査によると、2018年の整骨院の倒産件数は93軒で、過去最多の数値となっています。

1.2.コロナウイルスによる予約数の減少

2つ目の理由として、コロナウイルスによる整骨院への影響があります。
コロナウイルスをきっかけに、整骨院の平均予約件数は前年比約31%減少しています(2020年)。
飲食業界だけでなく、整骨院においても、新規の獲得がコロナウイルスを境に難しくなっています。

このように、整骨院の業界全体的に、経営が難しくなっていく中でどう競合と差別化して新規を集客していくかという視点が、より必要になってきています。

新規患者の獲得に向けて、Webでの集客はかなり有効です。Web集客では、潜在的な層から顕在的な層まで幅広くアプローチすることができるためです。

2.整骨院で集客に有効なWebマーケティング施策3選

整骨院で新規の患者を獲得するために、優先度の高いWebでの集客方法を3つ紹介します。
HP・SEO・リスティング広告・ディスプレイ広告・Instagram広告・Twitter・TikTokなど整骨院におけるWebでの集客方法はたくさんあるのですが、今回はその中でも優先度の高い施策のみをピックアップしてお伝えします。

2.1.HP制作

まず、1つ目は、HP制作です。
Web上で、あなたの整骨院を知ってもらうためには、広告を配信したり、SNSでの発信が必要なのですが、大前提HPがないとあなたの整骨院は患者にとって認知されません。

そして、HPを制作する上で、もっとも重要なことは、
「誰に対して(=ターゲット)、何を提供する(=ベネフィット)整骨院なのか」
が明確に記載されていることです。
なので、HPを制作する際は、ターゲットとベネフィットを記載するようにしましょう。
その上で、HPをより良くするための要素は、
・整骨院ならではの魅力や強み
・写真のクオリティ
・施術者やスタッフの姿
・クチコミ
・スマートフォンも視野に入れたページ作り
・問い合わせ先
です。
これらを記載して、患者にとって納得のいくHPを制作しましょう。

2.2.リスティング広告

2つ目が、リスティング広告です。
リスティング広告とは、GoogleやYahoo!といった検索エンジンの検索結果に連動して表示される広告のことです。ある特定のキーワードに対して広告を表示させることができ、そのキーワードをユーザーが検索している関心が高いときに広告が表示されるため、問い合わせ率が高くなりやすいのが特徴です。

HPが制作できたら、次にリスティング広告を配信しましょう。
リスティング広告は、まさに整骨院に行こうとするユーザーに対して、広告を配信できる施策ですので、非常に効果的な施策です。

リスティング広告を配信する上で、絶対に抑えるべきキーワードは、
「地域+病名」
です。

あなたの整骨院のある地域と、あなたの整骨院で施術可能な病名を検索するユーザーは確実にターゲットですので、そのキーワードに対してのリスティング広告は必須の施策となります。

2.3.MEO対策

3つ目の施策がMEO対策です。

MEOとは、「Map Engine Optimization」の略で、 検索した際にGoogleマップ上で上位に表示させるための施策のことをいいます。
MEOは、整骨院が集客する際に取り組むべき施策の一つです。

理由は、整骨院は地域と密接に絡んでいるためです。
新規のユーザーの多くは、
「地域名+整骨院」
で検索します。
その際Googleマップ上で高い評価のある院は、必然的に選ばれやすくなります。

MEO対策を行う際のポイントは、3つです。

① Googleマイビジネスの設定を充実させる
店舗情報などの項目は全て記載しましょう。
・写真を10枚以上登録する
・ビジネス情報には、「地域名」や「病名」などの整骨院に関連するキーワードを記載する
といったように、詳細な情報の記載がおすすめです。

② クチコミを集める
クチコミの数は多い方が評価も高く、新規のユーザーからの安心感になるので、来院してくれた方には積極的にクチコミの投稿をしてもらいましょう。

③ NAPを統一させる
NAPとは、
N=Name:企業・店舗の名称
A=Address:企業や店舗の所在地(住所)
P=Phone:電話番号
のことです。
インターネット上に掲載している、店舗名・所在地・電話番号を統一することで、MEOの評価が上がりやすくなります。

3.まとめ

いかがだったでしょうか。
今回は、整骨院が新規の患者の獲得に有効なWeb施策を3つほど紹介しました。
SNSで認知を高めたり、ターゲティングを生かしたInstagram広告など数あるWeb施策がある中でも、特に優先するべき施策について紹介しました。
まずは、HPやGoogleマップでの情報を整理し、リスティング広告を配信することで、Webでも集客できる基盤を作っていきましょう。

ナウビレッジ株式会社では、整骨院向けにwebマーケティングに関する研修も行っています。
セミナーについて気になる方や、リスティング広告の配信方法や、その他のWeb施策についてお困りの方は気軽にご相談ください。